湧別LC
TOP 書込み 331Bキャビネット情報 MD331情報サイト

投稿は「書込み」から行ってください、@@aの前に件名を入力下さい

★カテゴリ別閲覧↓↓↓全てを観る
[例会] [奉仕活動] [行事・親睦] [行事予定] [その他]
[クラブ概要] [会長挨拶] [メンバー紹介] [HPヘルプ] [mail]

地域情報(湧別港のホタテ舟)3,1,11

皆様明けましておめでとうございます。なんとなく縁起の良さそうな漁船の写真を投稿します。湧別町の漁業の大黒柱、外海ホタテ漁で使われる漁船12隻です。冬の間にペンキ を塗ってとてもきれいになりました。

地域情報3,1,31流氷

海が静かなので海岸に行ってみると、流氷が海を覆っていました。ロシアのアムール川の氷が、プランクトンをたくさん届けてくれて、毛ガニが育ちます。今年は毛ガニをたくさん食べたいなあ!

地域情報(節分の豆まかれ)3.2.2

 みのり幼稚園だけが室内に入ることを許され、子供を追い掛け回します。例年であれば、時間をかけてまんべんなく全員を泣かせるところですが、今回は滞在時間の短縮を優先に鬼は早々に降参しました。いつもの「鬼への質問コーナー」や、「鬼の手品」も省略し、お菓子を配って引き上げました。ベテランの鬼は「もっと追い掛け回したかったのに!」と、不満顔でした。

地域情報(商工会青年部節分イベント)3.2.2

 コロナ禍の折、保育所については建物に入れなかったので窓の外から「悪い子はいないか~!」と叫びます。窓の外からだけでも子供たちにはにはかなりの恐怖だったようで、しらけなくて良かったと鬼も一安心。それにしても、窓の外の様子は鬼でなければ全くの不審者。

地域情報(商工会青年部による豆まかれ訪問)3.2.2

 毎年節分に行っている商工会青年部による保育所・幼稚園への「豆まかれ訪問」が、「施設に入らない」「時間は短縮」などの制限を考慮して実施されました。いつもは顔面全てメーキャップしますが、今年は口元がマスクになるお面を購入したのでいつも以上に恐ろしい顔になりました。「悪いことをすると鬼が来る」子供の成長には大事な「教え」です。子供が小さいうちに大人はしっかり躾けなければなりません。青年部員はそう信じて泣きわめきながら逃げ回る子供を、毎年、嬉々として追い掛け回します。(すごく楽しくて、一度やると病みつきになるそうです。)

地域情報(湧別港展望台)3.2.8

 2月8日(月)午前中の、湧別港展望台からの眺めです。今日の流氷は数百メートル沖に遠ざかっていました。3月中旬まで接岸したり離れたりの繰り返しです。接岸すると流氷を通じてロシア大陸と陸続きになります。港の様子はインターネットで「湧別港展望台カメラ」と「湧別漁港カメラ」でライブ映像を見ることができます。

春の交通安全運動3.4.6

 久しぶりに投稿します。

4月6日(火)春の交通安全運動初日、中湧別駐在所前で開催された街頭啓発にライオンズクラブも参加しました。

参加者は撮影者も含め4名です。左から、NHKのど自慢に数回出場したL高桑、絶好調になると「白いブランコ」と「高校三年生」を何度も熱唱するL高田、詩吟をうたいながら踊るL寺田。芸能で食べていける湧別ライオンズのスター3名です。湧別LCは来週14日に老人ホーム慰問(玄関先)、同日夜にカニ例会を開催予定です。

地域情報(春の訪れ)3.4.1

 ライオンズの活動とは無関係な内容ですいません。いつの間にか庭の雪が消え「福寿草」が黄色い花を咲かせています。私、63歳、今年もやっと冬を乗り切りました。年々冬を越すのが大変に感じるようになりました。一方、昨年秋から我が家に同居している生後8か月の兄妹猫は、外の世界に興味深々です。この猫たち、湧別の牛小屋で生まれた地域猫(野良)で、たまたま見に行った時に私と私の家族に擦り寄ってきてくれたので、暖かい部屋に引き取られ生き残ることができました。牛舎に残ったもう一匹の兄弟は冬を越せず死んでしまったそうです。偶然で命拾いしたり、冬を越せずに死んでしまったり、自分の力だけではどうにもならない環境に生まれてしまった猫の辛さをしのび、せめて一緒に住むことになったこの猫たちには、幸せな毎日を送らせてやろうと思います。そして、十数年の寿命を終えてあの世に行ったら、私を極楽に行けるよう閻魔様に推薦してほしいと今から考えています。【目標は猫より長生きすること!】

地域情報(こぶし・水芭蕉)3.4.28

  4月23日に写した湧別町文化センターTOMの中庭にある「こぶし」の木と、町内の芭露地区にある「水芭蕉」です。よく見えませんが「こぶし」は花が付いています。それが25日(日)には冬に逆戻り、咲きだした庭のつつじも雪で真っ白。

地域情報(五鹿山公園まつり)3,5,9

コロナウイルス対策で各地のイベントが中止となるなか、中湧別にある五鹿山(ごかざん)で春のイベントが開催されました。雨が心配されていましたが、何とか昼過ぎまではもちそうです。しかし、だんだん寒くなってきました。来場者は約20組。間隔を開け、感染対策万全で開催しております。

例会(令和3年5月12日)

 5月12日、第1例会を開催しました。出席者は18名中12名。北海道のコロナ感染者は増加傾向ですが、そんな中でも湧別ライオンズクラブは感染対策で欠席する人はほとんどいません。純粋に仕事や用事があって休む場合と、「忘れていた」という理由です。前日まで覚えていたのに、当日すっかり忘れてしまうという加齢の悲しさ。以前は怪しい会員には前日に出欠を確認していましたが、きりがないので今では、開催日10分前になっても来ない会員にのみ電話確認するだけにしています。

地域情報(かみゆうべつチューリップ公園)

5月14日(金曜)の朝8時の様子です。しばらく低温が続いていましたが、今朝は15度、よく晴れた暖かな朝です。今日は午前中にチューリップ開花宣言セレモニーが行われます。

地域情報(チューリップ公園)

15日(土曜)の午後です。町内小中学校と高校生が、公園内でミニコンサートを開会しました。コロナでほとんど披露される機会が無いので、家族もたくさん集まりました。

リラ街道花植えボランティア実施3,6,13

早朝、6時から花植え作業開始。開催案内を2回もファックスしたので、ほとんどのライオンが集まりました。

「リラ街道応援団」花植えボランティアに集合3.6.13

 6月13日(土)クラブ会員18名中15名の「花咲か爺さん」が集合し、580本の苗を植えました。場所は湧別町文化センター「さざ波」前です。コロナが無ければ「サロマ湖100キロウルトラマラソン大会」のスタート地点で、参加選手に見てもらえるはずでしたが、残念ながら今年も2年連続で中止となりました。

地域情報(オホーツク太郎コンサート2)3.6.12

 会場は市内の衣料品店ショールームをお借りし、感染対策に配慮して30名限定で開催されました。落語や講談でもプロ活動している「太郎」さんは、シャンソン・ジャズ・ポップスなどの別れ話中心の楽曲を、お得意の話術で笑いを取りながら2時間にわたって熱唱、女性フアンから熱烈な歓声を浴びていました。「オホーツクの海明け」「命の港」「ほっちゃれ節」など、自作自演の楽曲はカラオケでも配信されていますし、ネットでも聞くことができますので是非ご試聴ください。

地域情報(オホーツク太郎コンサート)3.6.12

 ご存じでしょうか、昨年、マツコの知らない世界で紹介された「オホーツクの塩ラーメン」を作っている会社「(株)つらら」の経営者が、湧別町を拠点に歌手活動を展開している「オホーツク太郎」さんであることを。(本名は南川さん)その太郎さんのコンサートが先週末に北見市内で開催され応援に行ってきました。


6月23日第2例会開催

 6月23日(水)久しぶりに例会を開催しました。出席者は18名中13名。6月生まれ3名にバースデーお祝いワインが贈呈され、議案よりも、ワクチン接種体験発表や、血糖値自慢、パークゴルフ自慢、園芸自慢などの自慢大会で盛り上がりました。毎回、新会員の取り込みについて話を振りますが、その時は耳が聞こえなくなるようです。

ポレポレゆうべつ慰問訪問3.7.14

 授産施設「ポレポレゆうべつ」に、スポーツ飲料水を持参して慰問訪問を行いました。現在の利用者は7名。自家製の農作物や、それらを利用した味噌・ジュース・乾燥きくいもスライスなどを作っています。中でも、無添加の味噌や、高血圧・糖尿に効果がある「きくいもチップス」は人気の生産物です。現在は、コロナ禍により飲食店が暇なので、割りばし袋詰めの仕事がなく、暇になっているそうです。

夏の交通安全運動街頭啓発に参加3.7.13

 夏の交通安全運動の初日、街頭啓発が交通安全協会の主催で開催され、クラブ員4名が参加しました。コロナ感染防止のため中止した地域も多いそうですが、総勢30名が集合し安全運転を呼び掛けました。道外ナンバーが全く通らなかったのが印象的でした。

新年度第1回目の例会3.7.14

 新年度第1回目の例会が7月14日開催されました。新会長L脇坂敏夫のスローガンは、シンプルに「We Serve 我々は奉仕する」で、ライオンズの原点に立ち返って奉仕に取り組んでいく方針が示されました。高齢化が進み、奉仕活動に対する体力も気力も衰えつつある我がクラブには、すぐにでも新しい水を取り込み、動脈硬化を改善していく方策が不可欠です。新会長の手腕が期待されます。

クラブ概要

クラブ名 湧別ライオンズクラブ   
 スポンサークラブ  紋別LC  地区順位  75
 日本順位  2148  クラブNo  033914
 結成年月日  1977/05/18  チャーターナイト  1977/10/09
 事務局住所
名称・電話
E-mailアドレス
ホームページ
 〒099-6329
 紋別郡湧別町中湧別中町3021-1 湧別商工会内
 TEL01586-2-2278 FAX01586-2-2272
 yubetsu.lions@gmail.com
 http://huat.jp/yubetu-lions/
 事務局員氏名    高桑 誠 TEL:090-6267-2141
例会場住所
会場・電話
  紋別郡湧別町緑町 お食事処りぼん
TEL:01586-5-2406
 湧別町中湧別中町 居酒屋 レストラン倖せ
TEL:01586-2-4300 
 例会日時   1)第2 水曜日19 : 00~20 : 00 り ぼ ん食 堂 
  2)第4水曜日19 : 00~20 : 00レストラン倖せ
 会 長 わきさか としお
脇坂 敏夫  
 幹 事 てらだ ただひろ
寺田 忠弘 
 会 計 たかくわ まこと
高桑 誠  
2021/7/1



クラブ概要

2021~2022年
 会長 脇坂 敏夫
 幹事 寺田 忠弘
 会計 高桑 誠

2021-2022会長L脇坂敏夫

 2021年度の会長に就任しました脇坂敏夫です。

  入 会 2010年9月(ライオン歴10年11か月)

  生 れ 1948年12月、美幌生まれ、現在72歳

  勤務先 (株)湧別林産経営

  スローガン 「We Serve われわれは奉仕する」

 よろしくお願いいたします。

町道花壇整備ボランティア3.7.23

 皆さん!今年の暑さは格別ですね!毎年ボランティアで管理している町道の花壇も雨不足でドライフラワー寸前。そこで7月23日(金)12名の花咲か爺さんが朝6時に集合し、雑草の抜き取りと水やりを行いました。月末までが暑さのピークのようですが、オリンピックを応援して暑さを忘れましょう!

地域情報(交通事故現場旗波運動)3.8.5

 去る7月20日午後4時半、湧別町信部内(しぶない)でミルク運送トラックと乗用車による死亡交通事故が発生し、20代の青年が命を落としました。このため、町の呼びかけにより、8月5日(木)事故発生時刻と同じ午後4時から、事故現場に町担当課や交通安全協会会員、警察官など20人が集まり、旗の波を作って通行する車両に安全運転を呼び掛けました。現場の路面には今だにトラックのブレーキ痕が長く残っており、トラックが衝突して路外に転落するまでの痕跡が素人目にも確認できました。暑い毎日が続いており、飲み物を片手に運転することもありますが、今一度、ハンドルを握ったら運転に集中することを心がけましょう。

第1例会3.8.11

 令和3年度3回目の例会風景です。8月生まれのL宮崎に高級バースデーワインが贈呈されました。当日の議題は令和2年度の決算報告と親睦パークゴルフ大会の開催日について。そして、授産施設「ポレポレゆうべつ」への冷蔵庫寄贈についてでした。当クラブは令和4年度が45周年ですが、「暑い夏を壊れた冷蔵庫で過ごすのは気の毒だ」と意見がまとまり、45周年記念事業を前倒しして、冷蔵庫を施設に寄贈することになりました。

地域情報(湧別町で繁殖する丹頂鶴)3.8.17

 猛暑がすっかり秋の気配に代わりました。湧別の田舎道を走っていると、カボチャ畑の奥にタンチョウが二羽、畑をつついていました。63歳の私はこの町でツルなど見たことがありませんでしたが、6~7年前から見かけるようになりました。どうやらこの町で繁殖しているようです。サロマ湖畔に「鶴沼」という地名がありますので、大昔はツルがたくさん住んでいたのかもしれません。

ポレポレゆうべつへ冷蔵庫贈呈3.8.19

 クラブ会員の高齢化が進んでいますが、これからも人知れず努力している方々のお力になれるよう、当クラブは取り組んでまいります。

ポレポレゆうべつへ冷蔵庫寄贈3.8.19

 この施設では、野菜やブドウなどの果物を施設内の畑で育て、高血圧・コレステロールに効果のある「ゆり根チップス」や、これを練りこんだ「うどん」、野菜ジュース、味噌、石鹸などを作り、町内イベントに出店して販売しています。今回は、味噌やうどん等を保管するための冷蔵庫が古くなっていたため、本当は45周年は来年度なのですが、前倒しで寄贈させていただいたものです。

ポレポレゆうべつへ冷蔵庫寄贈3.8.19

令和3年8月19日、「特別非営利法人ポレポレゆうべつ」に、当クラブ創立45周年事業の一環として、施設用の冷蔵庫を寄贈いたしました。この施設は心身に軽い障害をお持ちの方が、軽作業を行うことにより、生きがいを持って生活していただく事を目的に運営されており、当クラブは老人施設と合わせて毎年慰問訪問を行っています。

リラ街道整備作業3,8,20

夕暮れを背景に記念撮影。雑草を抜いて枯れた花も摘み取り、とてもきれいになりました。残念ながら一部枯れてしまっているところもあり、24日に新しい花を植え替えすることとなりました。

リラ街道整備作業3,8,20

春に植えて定期的に、整備を行っています。本日は夕方5時から10名の会員が集合し汗を流しました。

ガバナー諮問委員会3.8.21

 司会進行は置戸ライオンズクラブ所属で、第1Z Z委員のL石井さん。堂々とした発声で、会議の雰囲気が威厳のあるものになりました。


ガバナー諮問委員会出席3.8.21

 8月21日に北見市ホテル黒部で開催された諮問委員会に出席しました。湧別は出席義務者である会長・第1副会長・幹事の3名の他、会計兼事務局の私(高桑)が次第進行の見学と、新会員白土が体験のためオブザーバーで出席しました。

町道花壇整備3,8,24

今日の花咲か爺さんは7人、一時間休み無しで頑張りました。

町道花壇整備3,8,24

先週の雑草抜きに続き、本日は枯れてしまった苗をベゴニア150株に植え替えしました。最後は全体に水やり作業。

地域情報(ワクチン接種)3.8.31

 個人的な話題で恐縮ですが、本日、夫婦で2回目のワクチン接種が終わりました。聞くところによると2回目の後の副反応が重いのだとか。若い人ほど発熱・頭痛・倦怠感が1~2日間続くと聞いて心配していましたが、63歳は若くないから大丈夫と指摘され少し安心する一方、少し発熱を期待しています。ワクチンが原因で亡くなった場合4,000万円の補償が国から頂けるのだとか。今夜は夫婦でお互いの体調に探りを入れるのだと思います。

親睦パークゴルフ大会3,9,19

クラブの定例行事、パークゴルフ大会が五鹿山パークゴルフ場で開催されました。参加者は八名。コロナ禍で外出自粛の中ではありますが、久しぶりに汗を流しました。8名の平均年齢は74歳、10年後の自分を見たような気がしました。

地域情報(花火打ち上げ)3.9.20

 9月20日(月)午後7時半に、中湧別で地元有志により花火が打ち上げられました。今年もコロナ禍を原因として町内行事すべてが中止されており、日常に楽しみが無い中、せめて自宅から花火を楽しんでもらおうと中湧別の2か所から打ち上げられました。2か所合わせて10分ほどの規模でしたが、天候にも恵まれ大勢の町民が東の夜空を見上げました。なお、実施にあたっては地域内自治会・中湧別神社祭典委員会・消防団のご協力をいただいているそうです。

地域情報(古い農機具2)3.10.1

 農耕馬がいた頃の古い農機具をもう一台。こちらは畝(うね)に沿って雑草を削り取る機具。よく見ると畝の幅に合わせて微調整できる仕掛けや、深さを切り替えできるレバーが付いています。プレートには「安村鉄工所 北見国紋別郡中湧別T77」の文字が読めます。安村鉄工所は今も中湧別にある会社です。当時、この安村鉄工所で制作された農機具は道内一円に納品されるほど先進的であったそうです。貴重な歴史資料ですが、さて、処分をどうしようかと思案中です。

地域情報(古い農機具1)3.10.1

個人的な話題で恐縮ですが、現在実家の物置解体作業を行っています。農家だったので古い農機具が出てきました。これは畑に畝(うね)を掘るものだと思われます。近所の農家さんによると、排土プレートが可変式のものは大変珍しいのだとか。貼られていたプレートには「若杉式優良農機具 有限会社遠軽農機具製作所 遠軽町大通旭町 電話56番」と記載されております。昔、湧別町錦町にあった若杉蹄鉄所の先々代が製作したものではないかとの事でした。

町道花壇整備3,10,10

作業は手際よく進み、汗をかくまでもなく7時半には終了。このボランティア活動は今年で10年になりますが、平均年齢も10才上がった今、作業がかなり負担になってきました。来年も継続して取り組むか否か協議予定です。

町道花壇整備作業3,10,10

今年度最後のリラ街道応援団活動は天気に恵まれました。7時集合予定ですが皆、6時30にはすでに始まっていました。夏枯れで先月ベゴニアを補植したばかりでしたが、今月末には町議会議員選挙もあり、前倒しで撤去作業を実施しました。

ZCお見送り

予定どおり1時間で例会は終了、遠方より来られた地区役員に会長がお別れのご挨拶、手を振ってお見送りしました。

パークゴルフ大会表彰式

例会幹事報告では、先に開催された親睦パークゴルフ大会の結果が発表され、トータル103で優勝した寺田幹事に会長から優勝トロフィーが贈呈されました。

ZCクラブ訪問

飯田ZCより、ライオンズデーの活動、会員増強、献血など、ガバナー方針について伝達をいただきました。

ZCクラブ訪問

会長、幹事、テールツイスターと進行を打合せし、6時から会食、食事後例会をスタートしました。会食はもちろんお弁当のみ。デイスタンスと黙食で、通夜の親族の控室より静かです。

第一例会兼ZCクラブ訪問3,10,13

10月13日、第一例会に飯田ZC、佐藤地区MC・YCE委員、石井Z委員お迎えし、ZCクラブ訪問を午後6時から開催しました。私、事務局兼万年会計の高桑が午後5時から一人で会場を作り、30分かけて完成。誰も誉めてくれません。

地域情報(文化センター前の落葉)3.10.15

 いつも大勢の閲覧ありがとうございます。

あんなに暑かった夏から二月(ふたつき)、職場の窓から見える「こぶし」の葉が散っていきます。

湧別町施設管理の担当さん泣かせの落ち葉処理が11月下旬まで続きます。

みなさん、お元気でお過ごしください。

湧別マリナーズの記念写真

選手一人ひとりの名前ののぼりまで調製し、力が入っています。他町村のチームに来ていただいて開催した大会は、今年初の試みでした。来年も同様に他チームを招待して開催できたら良いなと考えています。

少年野球大会閉会式

閉会式は午後3時から。決勝戦を4対2で征した湧別マリナーズに、脇坂会長から優勝トロフィーが渡されました。

少年野球大会決勝戦

4チームトーナメント戦の決勝は湧別マリナーズ対北見中央小泉。守備力がある両チームのため、締まった試合でした。

少年野球大会

子供たちが熱戦を繰り広げる球場の隣の畑では、白鳥が羽を休めていました。

少年野球大会 別海チーム

遠い遠い別海町から3時間かけて参加頂いた別海中央ジュニアイーグルス。おそらく湧別町に来たのが初めての子もたくさんいたでしょう。結果は1対2で湧別が辛勝。勝ち負けはともかく、普段会うことのないチームと対戦することは良い経験です。サポートしてくれたご家族の方々には心より感謝いたします。そしてお疲れさまでした。

湧別ライオンズクラブ会長杯少年野球大会

高齢の会員からは若さはまぶしいばかり。これから人生を拓いていく子供たちが実り多い人生を歩むことを願います。

少年野球大会

大きな声で挨拶してくれる初対面の子供たち。思い切り走って、投げて、バットをふる姿をしばらく見入ってしまいました。

ライオンズ会長杯少年野球大会3,10,24

天気は快晴。暖かな日差しのなか、大会が開催されました。チームは湧別マリナーズ、遠軽南ジャガーズ、北見から中央小泉、別海町から別海中央ジュニアイーグルスの4チームが参加してくれました。

ガバナー公式訪問3,10,26

湧別LC出席は三名です。第1ゾーンのゾーン委員L石井の歯切れの良い司会進行でテンポ良く進行しました。ダグラス国際会長の紹介や、天災、貧困救済を伝えるビデオが上映され、LCIFへの取り組みの大切さを改めて強く感じました。

地域情報(商工会イルミネーション)

今年も文化センターTOMに商工会役員によりイルミネーションが飾られました。ジャラン12月号にも掲載されています。(小さいですが)

マイルストーンシェブロンの贈呈

L宮崎は入会30年、L松尾は15年。小さなバッチですが、ライオンズとして過ごした人生を刻んでいます。70歳を過ぎ人生のスピードが上がってきました。ラストスパートになるのか?もう一試合あるのか?延長戦か?

地域情報(ドライブイン一幸さん閉店)3.11.30

 かみゆうべつチューリップ公園と中湧別の中間あたりで営業していた「ドライブイン一幸」さんが11月末で40年の幕を閉じました。最終日に名物だったカニ飯をいただきました。この味がもう食べられないのはとても残念です。

地域情報(屋台でナイト開催2)

 今年は商工会役員が新体制となり、イベントの手伝いが初めての会員も大勢おりましたが、午後2時からの会場設営、接客、営業終了後の会場撤去まで協力し合って行い、商工団体としての一体感を感じさせてくれました。来客も外で列ができるほど盛況で「ぜひまたやってほしい!」と好評でした。

地域情報(屋台でナイト開催1)3.12.11

コロナ感染対策で今年も町のイベントが中止となり、賑わいの無かった町中を少しでも活気づけようと、商工会主催で「屋台でナイト」を開催しました。会場はいつもはシャッターが下りた空き店舗。飲食のメニューは町内飲食店から取り寄せし、午後5時から8時までの開店でした。

忘年会(カキ例会2)3.12.15

 
 カキ鍋と酢ガキを少しずつ食べれば、平均年齢71歳の老ライオン達はすぐに有り難くなり、開始して1時間もしないうちに解散となりました。次の例会は1月12日となります。無事年越ししてほしいものです。

忘年会(カキ例会1)3.12.15

 協議事項もそこそこに、ガスコンロの点火音がガチャガチャ聞こえ、良い香りが漂いだすと、嵐のような笑い声や話し声が聞こえてきます。鍋用のむきカキ8Kg、蒸しガキ用の貝付12Kgが用意されましたが、半分は残ってしまい、小分けして持ち帰りました。

忘年会(カキ例会・今月のバースデー)3.12.15

 12月15日、今年最後の例会は地元サロマ湖のカキを味わうカキ例会です。例会冒頭の「今月のバースデー」はL森谷83歳と会長のL脇坂73歳、私、事務局兼会計の髙桑は63歳ですので、自分の10年後、20年後の姿を見ているようです。二人には高級ワインが贈呈されました。

-xx- --

最近の記事

RSS Feed

読者登録

メールアドレス

QR Code

http://huat.jp/yubetu-lions-01/

Acccess Counter

  • Total : 523,653
  • Today's visitors : 271
  • Yesterday's visitors : 379