湧別LC
TOP 書込み 331Bキャビネット情報 MD331情報サイト

投稿は「書込み」から行ってください、@@aの前に件名を入力下さい

★カテゴリ別閲覧↓↓↓全てを観る
[例会] [奉仕活動] [行事・親睦] [行事予定] [その他]
[クラブ概要] [会長挨拶] [メンバー紹介] [HPヘルプ] [mail]

新年会前の例会

明けましておめでとうございます!で始まった今年最初の例会は1977年の創立以来1010回目。出席した老ライオンにも46年の歳月を感じます。例会のスタートは1月誕生日のL山本へのワイン贈呈から始まりました。

新年会乾杯

 ウイ・サーブ!は松尾会長。10年前はビールに日本酒、焼酎など持ち込みしなけりゃ予算オーバーでしたが、今は数名がビールを2~3杯、8時近くなるとすでに眠気に襲われています。

新年会ビンゴ大会

 眠くなる前にビンゴゲームで時間を稼ぎます。今年の景品は持ち帰ってLLが喜ぶように、マフラーやひざ掛けなど、女性向けの品物を用意しました。それにしても読み上げた番号を聞き取れないライオンが増えてきて、進行にも時間がかかります。

新年会ロアー

 ビンゴの後は競馬ゲームで盛り上がり、8時にライオン歴43年とクラブ在籍最長のL牧村によるロアーの発声で終了しました。

1年の振り返り

12月14日(水)今年最後の例会で、1年間の活動一覧表を配布し一年を振り返りました。例会後の忘年会でも一覧表を見ながら会話が盛り上がり、いつもより遅くまで懇親が続きました。何もなければ話も途切れがちですが、このような資料一つで楽しい時間を過ごしていただけて良かったと思います。

12月のバースデー

12月14日は今年最後の例会で、12月生まれのL脇坂(昭和23年)とL森谷(昭和13年)に誕生ワインを贈呈。今回は生まれた年の出来事や、流行歌、生まれた著名人を調べ、例会資料に含めて見てもらったところ、とても好評でした。L森谷は小林旭やジャイアント馬場、L脇坂は沢田研二やチャールズ皇太子と同じ年の生まれと分かり、また、戦前と戦後の世相の比較も興味深く、二人の幼少の頃の生活や育ってきた時代を皆で語り合うことができて、よいプレゼント代わりになりました。自分の誕生月にも作ってほしいとの声もあり、1年間続けることにしました。

11月第2例会4.11.9

 11月9日、第一例会の議案は年次大会出席者取りまとめと、日本ライオンズクラブ70周年記念PRイベント計画についてです。年次大会には11名が出席、記念パークゴルフには7名が参加することとなり、70周年記念PRイベントは、中湧別から湧別までの町道(リラ街道)を歩きながらゴミ拾いをすることとなりました。

マイルストーンシェブロンの贈呈

L宮崎は入会30年、L松尾は15年。小さなバッチですが、ライオンズとして過ごした人生を刻んでいます。70歳を過ぎ人生のスピードが上がってきました。ラストスパートになるのか?もう一試合あるのか?延長戦か?

ガバナー公式訪問3,10,26

湧別LC出席は三名です。第1ゾーンのゾーン委員L石井の歯切れの良い司会進行でテンポ良く進行しました。ダグラス国際会長の紹介や、天災、貧困救済を伝えるビデオが上映され、LCIFへの取り組みの大切さを改めて強く感じました。

第一例会兼ZCクラブ訪問3,10,13

10月13日、第一例会に飯田ZC、佐藤地区MC・YCE委員、石井Z委員お迎えし、ZCクラブ訪問を午後6時から開催しました。私、事務局兼万年会計の高桑が午後5時から一人で会場を作り、30分かけて完成。誰も誉めてくれません。

ZCクラブ訪問

会長、幹事、テールツイスターと進行を打合せし、6時から会食、食事後例会をスタートしました。会食はもちろんお弁当のみ。デイスタンスと黙食で、通夜の親族の控室より静かです。

ZCクラブ訪問

飯田ZCより、ライオンズデーの活動、会員増強、献血など、ガバナー方針について伝達をいただきました。

パークゴルフ大会表彰式

例会幹事報告では、先に開催された親睦パークゴルフ大会の結果が発表され、トータル103で優勝した寺田幹事に会長から優勝トロフィーが贈呈されました。

ZCお見送り

予定どおり1時間で例会は終了、遠方より来られた地区役員に会長がお別れのご挨拶、手を振ってお見送りしました。

第1例会3.8.11

 令和3年度3回目の例会風景です。8月生まれのL宮崎に高級バースデーワインが贈呈されました。当日の議題は令和2年度の決算報告と親睦パークゴルフ大会の開催日について。そして、授産施設「ポレポレゆうべつ」への冷蔵庫寄贈についてでした。当クラブは令和4年度が45周年ですが、「暑い夏を壊れた冷蔵庫で過ごすのは気の毒だ」と意見がまとまり、45周年記念事業を前倒しして、冷蔵庫を施設に寄贈することになりました。

新年度第1回目の例会3.7.14

 新年度第1回目の例会が7月14日開催されました。新会長L脇坂敏夫のスローガンは、シンプルに「We Serve 我々は奉仕する」で、ライオンズの原点に立ち返って奉仕に取り組んでいく方針が示されました。高齢化が進み、奉仕活動に対する体力も気力も衰えつつある我がクラブには、すぐにでも新しい水を取り込み、動脈硬化を改善していく方策が不可欠です。新会長の手腕が期待されます。

6月23日第2例会開催

 6月23日(水)久しぶりに例会を開催しました。出席者は18名中13名。6月生まれ3名にバースデーお祝いワインが贈呈され、議案よりも、ワクチン接種体験発表や、血糖値自慢、パークゴルフ自慢、園芸自慢などの自慢大会で盛り上がりました。毎回、新会員の取り込みについて話を振りますが、その時は耳が聞こえなくなるようです。

例会(令和3年5月12日)

 5月12日、第1例会を開催しました。出席者は18名中12名。北海道のコロナ感染者は増加傾向ですが、そんな中でも湧別ライオンズクラブは感染対策で欠席する人はほとんどいません。純粋に仕事や用事があって休む場合と、「忘れていた」という理由です。前日まで覚えていたのに、当日すっかり忘れてしまうという加齢の悲しさ。以前は怪しい会員には前日に出欠を確認していましたが、きりがないので今では、開催日10分前になっても来ない会員にのみ電話確認するだけにしています。

年内最後の例会開催2.12.9

「延期」「中止」「取りやめ」「自粛」など、ネガティブな言葉にあふれた年末を迎えておりますが、命知らずの湧別ライオンズクラブは9日(水)、今年最後の例会を決行しました。本来は忘年会が開かれるところですが、さすがにこのご時世に鍋を囲んで乾杯は世間体が悪いと、いつも通りの会食例会としました。写真は今月のバースデーで高級ワインを受け取ったL森谷(82歳)、L高桑(78歳)、L脇坂(72歳)の3名です。
 報告事項では、常呂LC所属で第2Zの現役のゾーンチェアーパーソンL佐藤の訃報が報告され、エコー誌10月号に掲載されたZC挨拶文を読み返しながら全員でご冥福をお祈りしました。協議事項では新年会と2月の移動例会は中止することが決定され30分ほどで解散となりました。
 

7月の例会風景2.7.8

 新年度第1回目の例会は19名中14名の出席で始まりました。新体制となったので、コロナ対策で省略していた「国歌」「ライオンズクラブの歌」「ライオンズの誓い」を声高らかに斉唱しました。この数年間で、例会中の会話の音量がどんどん大きくなっています。しかも、一斉に自分の主張を最後まで言い切るので、協議に時間がかかります。最後は一番声の大きな人の意見で落ち着きます。

K/-xx- log#-#

Top

最近の記事

RSS Feed

読者登録

メールアドレス

QR Code

http://huat.jp/yubetu-lions-01/

Acccess Counter

  • Total : 663,009
  • Today's visitors : 227
  • Yesterday's visitors : 596